コドミン 副作用

コドミンは子供でも安心して飲める?副作用はどう?

コドミンをお試になるにあたって、
サプリに副作用の心配はないのか?
というのも一つの不安材料だと思います。

 

特に年齢の低いお子さまに飲ませるという事で、
配合されている成分に心配な成分が入っているかどうか
気になる親御さんも多いのではないでしょうか。

 

コドミンには副作用の心配がある成分は
使われているのでしょうか?詳しく調べてみました!

 

≪コドミンの危険な成分?≫

 

早速、コドミンに使われている成分を詳しく見てみましょう!

 

・コドミンの全成分
還元麦芽糖水飴
ブドウ糖
ホスファチジルセリン(大豆含む)/結晶セルロース
酸味料
ステアリン酸カルシウム
香料
微粒二酸化ケイ素
ビタミンB1
甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

 

以上がコドミンに使われている成分の全てです。

 

上から順に配合量が多いものとなっているので
水飴やブドウ糖など甘い味にするための成分が多めに使われているようですね。

 

この中で見慣れない成分と言えばまず【ホスファチジルセリン】でしょうか。

 

ホスファチジルセリンは大豆にごく僅かに含まれている成分で、
コドミンの効果の要となっています。

 

もちろん食品由来ですから副作用はありません。

 

次に目をひくのは【微粒二酸化ケイ素】でしょうか。

 

こちらはサプリ同士が湿気などで固まってしまう事を
防ぐ目的で多くのサプリに使われている成分です。

 

栄養にはなりませんが、消化も吸収もされずに
排出されていく成分なので副作用の心配はありません。

 

あとは【酸味料】【香料】【甘味料】でしょうか。

 

正直、これ以外の成分で作ったサプリだと
かなり苦くなってしまってお子さまは嫌がって
飲まないサプリになってしまいます。

 

お子さまに今日も飲みたいと思って貰えるよう、
ラムネ味に仕上げるために甘味料などいわゆる添加物を
用いるのは致し方ないかと思います。

 

とは言っても副作用が出る程危険がある成分は
使われていませんので安心して大丈夫です。

 

≪コドミンは誰にでも安全?≫

 

コドミンの全成分を詳しく見て、副作用の心配はないサプリで
あることがわかりましたが、どんなお子さまにも安全に飲めるサプリである、
とは言えないようです。

 

・大豆
・麦
・小麦

 

これらにアレルギーのあるお子さまはコドミンを飲むことをお勧めできません。

 

また、コドミンは飲み始める年齢に特に制限は設けられていませんが、
微粒二酸化ケイ素は新生児期のお子さまにとっては
健康を害するおそれがあるので、
あまりにも早い時期から飲ませる事もお勧めしていません。

 

上記の注意点をよく確認した上で、コドミンをお試し下さい!

 

<コドミンが980円で始められるのはここだけ!>

<詳細はこちら>